関西ライフライン研究会 HOME
LiNKの概要 入会のご案内 お知らせ 会員からのメッセージ 会員報告 出版物 活動報告(会員用) リンク
 
活動計画 行事のご案内
行事のご案内第74回定例研究会の開催について

平成20年1月吉日

会員各位

関西ライフライン研究会
座長 澤田純男

第74回定例研究会の開催について CPDマーク

拝啓 時下ご清祥の段、お慶び申し上げます。
さて、第74回定例研究会を下記の予定で開催致します。
ご多忙のこととは存じますが、ご出席の程よろしくお願い致します。
なお、テーマ、パネリストが急遽変更になることがありますので、予めご了承ください。

敬具    

当研究会は、土木学会の認定CPDプログラムです。(3.0単位) 通知書【PDF】

ライフライン事業者の社会貢献 〜災害医療に貢献できること、したいこと〜

主旨説明:
   阪神淡路大震災より13年が経過し、災害医療分野では、都道府県による災害拠点病院指定等の対策が推進されてきた。しかしながら、2007年3月能登半島地震における被災中心域の災害拠点病院では、地震発生直後の情報が途絶した状態を「陸の孤島のようだった」と振り返り、さらに、2007年7月の新潟県中越沖地震では、3週間にもわたる断水と都市ガスの供給停止により病院の機能は著しく低下した。医療関係を含む需要家側は、日ごろ都市ライフラインの安定供給を疑う事はほとんどなく、地震による実被害を受けてはじめて都市ライフラインの安定供給に大きく依存している事実をつきつけられる。一方、物理的には地震時の地盤沈下や液状化による管路破損などに起因してライフラインのシステム機能全体が損なわれるという現状があり、ライフライン事業者はこのシステム低下を最小限に食い止めるべく、日々努力を続けている。また昨今においては、ライフライン事業者は事業継続計画(BCP計画)において「地域貢献・地域との共生」策定、つまり社会貢献を求められている。平常時こそ、ライフライン事業者と需要家がお互いに理解を深め、共に災害に備えることは有効な災害対策であると考える。
 そこで本定例研究会では、ライフライン事業者と需要家である医療関係者を結び、需要家(医療側)からは地震を含む大災害時のライフライン途絶時の影響を、ライフライン事業者からは医療福祉分野に対する現在の取り組みについて報告を行う。そして、来る大規模災害時にライフライン事業者が災害医療に対して貢献できること、したいことについて総合ディスカッションを行う。

〜円滑な災害医療活動実現のための課題〜 (独)防災科学技術研究所 池内淳子作成

〜円滑な災害医療活動実現のための課題〜 (独)防災科学技術研究所 池内淳子作成

■ プログラム:
1. 日時 平成20年1月30日(水)15:00〜18:00
2. 場所 建設交流館 7階 702号室
大阪府大阪市西区立売堀2−1−2(別紙地図参照) tel : 06-6543-2551
3. 会費; 無料
4. プログラム
テーマ『ライフライン事業者の社会貢献〜災害医療に貢献できること、したいこと〜
 
15:00〜 開会
15:00〜15:05 座長挨拶
15:05〜15:25 コーディネータ主旨説明
「災害によるライフライン被害と医療機関への影響」
(独)防災科学技術研究所 地震防災フロンティア研究センター
  研究員 池内淳子氏
15:30〜16:05 講演1
「阪神淡路大震災時の病院と現在までの医療体制整備」
  兵庫県災害医療センター顧問 鵜飼卓氏
16:05〜16:40 講演2
「『災害時の医療を支える』建築とインフラの相互理解のために」
  (株)竹中工務店 医療福祉本部 課長代理 角晴輝氏
16:40〜16:50 休憩
16:50〜17:30 事前アンケート集計結果報告
「ライフライン事業者の医療福祉分野に対する取り組み」
(独)防災科学技術研究所 地震防災フロンティア研究センター研究員 池内淳子、神戸市水道局計画課 田中孝昌氏、大阪ガス(株)導管事業部中央保安司令部供給・保安チーム 濱田耕一氏(質疑応答時間含む)
17:30〜 総合ディスカッション
       「ライフライン事業者が災害医療に貢献できること、したいこと。
医療従事者側からライフライン事業者にお願いしたいこと、期待すること。」
  コーディネータ:池内淳子氏
パネリスト:鵜飼卓氏、角晴輝氏、田中孝昌氏、濱田耕一氏

※プログラムは確定版です。


※上記内容についてのご質問・お問い合わせは、事務局までご連絡下さい。

以上

《関西ライフライン研究会事務局》
〒533-0033 大阪市東淀川区東中島4-11-10
中央復建コンサルタンツ(株)
プロポーザル本部 岡本 光世
Tel: (06)6160-1131 Fax: (06)6160-1239
E-mail: link@cfk.co.jp



インターネットで返信ください。 (会員専用)

[行事のご案内へ戻る]  

Copyright © 2001-2005 関西ライフライン研究会, All rights reserved.